ラバーズ・ブリッジ

2022年06月14日 23:12
カテゴリ: スプレッド12枚

【展開】
カードを、裏を向けたまま一山にまとめたら、3つの山に分けていきます。3つの山に分けたらどのような順番でもいいので自分のイマジネーションで順番に1つの山にします。
それができたら、上から順番にとって並べていきましょう。

1枚目を机の中央よりやや上側に置きます。
1枚目の左側の少し上側に2枚目、
さらにその隣に3枚目を置きます。
1枚目の右隣の少し上側に4枚目、
5枚目を置き、
1から5枚目でV字になるように置きます。
1枚目から1枚分間を空けて6枚目を置き、
6枚目の左側の少し下側に7枚目、
さらにその隣に8枚目を置きます。
6枚目の右隣の少し下側に9枚目10枚目を置き、
6から10枚目でV字の逆になるように置きます。
1枚目と6枚目の間に11枚目を置き、
11枚目とクロスさせるように12枚目を置きます。
最初はすべて裏向きに置き、一枚ずつゆっくりとめくって読み解いていきます。

【解釈】
1:相手、占う人への態度、感情、
2:近い過去、占う人に対しての最近の態度、感情、どう思っていたか
3:関係要因、占う人に取る態度、感情の原因、理由
4:近い未来、対応策をした後の相手の態度、気持ち
5:予想依頼、時間が経過した後の相手の態度、気持ち
6:占う人本人、相手への態度、感情
7:近い過去、相手に対しての最近の態度、感情
8:関係要因、相手に取る態度、感情の原因
9:近い未来、対応策をした後の占う人
本人の態度、気持ち
10:予想未来、時間が経過した後の占う人本人の態度、気持ち
11:相手との懸け橋、二人がどのような関係でつながっているのか
12:障害、対応策

【解説】
ラバーズ・ブリッジは恋愛関係を占うのに特に向いているスプレッドです。ただし恋愛関係に限らず対人関係に幅広く使えるスプレッドで、ライバルに勝ちたいときや相手の気持ちがわからないと感じたときに使うことができます。
占いたい相手が一人ではなく集団であっても占うことができるため、対人関係で悩んだときはラバーズ・ブリッジのスプレッドを行うといいでしょう。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)